英会話渋谷情報の「渋谷近郊の英会話スクールのすべて」です。

英会話は難しいもの?

英会話、と聞くと敷居が高い、または難しい、というイメージを持たれる方がほとんどではないでしょうか?また最近では、街中で外国の方を見ることも多いですし、英会話の必要性も高まってきています。急に街中で英語で道を聞かれたり、話し掛けられたりする機会も増えているということです。

私自身、接客の仕事をしていた時、外国の方に声をかけられ何も答える事ができなかった、という苦い経験があります。その時は申し訳ないという気持ちと、英会話ができたらなぁ、と強く思った記憶があります。しかし、そう簡単ではない・・・。さて、それでは、その英会話ができるようになるためには、いったいどうすればよいのでしょうか。

英語は独学より英会話スクール?

もちろん、自分で英語を勉強する、独学でやることもできます。しかし、ある程度単語を覚えたり、文法などを勉強することができても、一番難しいのは会話、英会話です。これは、一人で勉強しようとしてもなかなか難しいものです。特に日本人にとっては一番苦手なところが、この英会話なのです。実際、読み書きができても、いざ外国人を目の前に英語で話してくださいと言われたら、全く話せない、という方も多くいるはずです。そのくらい、日本人にとっては、ネックとなっている部分なのです。ですから、あえて英会話スクールで、『強制的に英語を話さなければならない状況』を作ってやるのです。

特に英会話をし始めの時は、どのようなところから手を付けていいのかわかりません。そのため、多くの人がすぐに諦めてしまいがちです。それがまた、苦手意識につながり、トラウマとなっていくのです。確かに、英会話自体は難しいものです。特に日本語と英語は文法も全く違いますし、発音などは特に日本語にない音がたくさんあるので、難しいという意識が強いです。しかも、日本人の、人前で英語を話すことに抵抗がある、調子に乗ってるんじゃないかと思われる、という意識も英会話の敷居を挙げている要因です。この発音は、独学で勉強しても、ほとんど不可能です。しかも、変な癖がついてしまうと、強制するのが大変難しくなります。

そのようなことを避けるために、最初から、きちんと英会話スクールで基礎を学ぶことがいいかと思います。難しいから諦めるというよりも、英会話という者に対しての意識を変えることが、第一の関門だと思います。今回は渋谷近郊の英会話スクール、という視点から、さらに英会話スクール、というものまで掘り下げて、考えてみたいと思います