「渋谷近郊の英会話スクールのすべて」の英会話スクールの歴史のページです。

そもそも英会話スクールって?

さて、では英会話スクールと言っても、最近では、町のあちこちで見かけるように、そのスクールによって値段、内容、すべてが様々です。もともと昭和時代までは、日本で英会話が必要な状況は、特別な仕事、たとえば外交官などを除いて皆無だったと言えます。学校の授業でも英語を習うようになったのも、第二次世界大戦以降の事です。

しかし実は明治時代には、すでに英会話学校なるものが存在していたのです。これには当時を考えると、約250年にもわたる鎖国を経て、開国をし、江戸時代が終わると、維新が起こり、海外からの情報やものも多く入ってきたため、語学の進歩が求められたのです。そのため、日本政府から特殊な外国語講師を招き、英会話学校での学習が始まったのです。今でこそ、さまざまなツールもありますし、外国人と触れ合う機会も多いですが、当時の状況で英会話を習得するというのは、どれほど大変なことだっただろうかと推測します。今、逆に恵まれすぎている私達だからこそ、甘えてしまうのかもしれません。

英会話スクールの歴史

次に、英会話スクールについての歴史について、少し知っておきましょう。その後、1970年80年代になると、日本に高度経済成長期が訪れます。日本全体が景気の良さに沸いた時でした。そのため、特に、外国人からすると、雇用の面で大変優遇されましたし、給与もすさまじかったようです。しかも、日本には、海外からの映画、音楽をはじめとするさまざまな娯楽が入ってきて、英語に対して、一種のあこがれのようなものを持ち始めるのです。その結果、英会話を学びたい、という動きが生まれます。そして、結果的に、英会話スクールが爆発的にその数を増やしたのです。これは、東京をを特に東京を中心として広がり、渋谷や新宿、原宿など、人が集まるところには自然発生的に英会話スクールが増えてきました。そして、今現在、渋谷にもさまざまな英会話スクールがあるのです。

今でも英会話の講師は、特に英語をネイティブとする国の人々にとって、とても魅力的な仕事です。海外からもワークビザなどで、いわば出稼ぎにくるような外国人も増えましたし、そのおかげで、日本人が英語に触れる機会も多くなりました。このような流れで、現在の英会話スクールという形が作られ、多くの日本人が英語を学びに通っているわけです。最近では、英語は話せて当然、という方もいますが、英会話ができることは大きな武器となります。