「渋谷近郊の英会話スクールのすべて」の英会話スクールのデメリットのページです。

英会話スクールのデメリット

英会話スクールにはメリットもあればデメリットもあります。というより、自分自身の中で、このデメリットならないように、できるだけ、英会話スクールに通うことのメリットを増やすために、という意味でいくつか挙げてみたいと思います。

まず、英会話スクールは、一般的にその料金が高いということです。そのため、英会話はお金持ちが行くところ、というイメージを持たれる方もおられるかもしれません。それは、やはり外国人講師を雇うことにそれだけのお金がかかるということ、そして、そのためには授業料も多少高くならざるを得ないということです。

しかし、逆に考えれば、値段が高い分、しっかりとした講師がいる、ということも言えると思います。知り合いで、安い英会話スクールを見つけたので、実際に行ってみたら、明らかに英語がネイティブの先生ではなかった、非常に損をした気分だった、と言っていた方がいます。値段と英会話スクールの良しあしは、少なからず反映し合うということです。安いには安いなりの理由がある、ということです。一概に安い、高いで決めてしまわないようにしましょう。

英会話スクールのデメリット2

さて、もう一つ。これもデメリットというよりは、こうしたらもっといいという感じのアドバイスです。英会話スクールは大体が一週間に一度。多くても二度程が一般的です。例えば、一種間に一度、二時間英会話スクールでべ勉強し、英会話をしたとしましょう。どうでしょう、それ以外の時間に英語を話す機会のない私たちは、その一週間後まで、英会話をする機会がほとんどないということです。

これは、英会話というのは、喋ってなんぼです。喋らなければ向上しません。つまり、一回の授業から次の授業まで、下手をすると英語のレベルが上がらず忘れてしまい、結局レベルがなかなか上がりにくいということになるでしょう。ですから、英会話スクールの後の補助が大切になってきます。そういうことかと言えば、復習です。小学校の頃を思い出しますね。そして、予習です。この英会話スクール以外でも、できるだけ英語に触れているということが大切になってきます。できることなら、スクールでのことをしっかりノートに書き、可能であれば、録音することもお勧めします。これが復習材料となるわけです。次の英会話スクールまでに、どれだけつなぎをもてるか、ということがこのデメリットの回避方法と言えるでしょう。