「渋谷近郊の英会話スクールのすべて」の英会話スクールの種類のページです。

英会話スクールの種類とは?

英会話スクールも時代とニーズに合わせて、どんどんとその形態を変えていますし、これからも変わっていくでしょう。一昔前までは、学校のように、一クラスに一人講師がいて、授業を受けるようなタイプが一般的でしたが、最近ではマンツーマンタイプ、少人数タイプと様々です。

大きく分けて、CMでもよく名前を聞くような大手の英会話スクールと、個人経営の英会話スクールに分けられます。どちらも、特徴が異なりますが、個人の場合は、比較的まずどのようなスクールなのか、きっちり見分ける必要があります。このような場合、海外から来て間もない講師であったりすると、日本語での意思疎通ができなくて、全く英語はなせない生徒にとっては苦痛を感じたり、不安になったりします。

また、お金の面でも勘違いが起きやすく、トラブルも大手に比べるとあるかもしれません。しかし、その反面、大手の英会話スクールであれば、安心がありますし、たいていは日本語が話せる講師が多いです。エントランスに日本人の受付がいたりするので安心ですが、逆に日本語は話したくないという方には、逆効果といえるでしょう。

種類は目的によって選ぼう

さて、大手英会話スクールと、個人経営の英会話スクールに大きく分けて解説しましたが、そのどちらの英会話スクールにも、異なるタイプがあります。まず第一が、少人数制のクラスです。これは、一クラス5ー10人ほどの枠を組み、一コマ決められた時間内で授業をするというものです。一番一般的な形態で、ほかに生徒が何人かいるため、お互いの競争心をあおり、よいレベルの向上効果が期待できます。

しかし、反対に、内気な性格の方には向かないかもしれません。発言などは、個人の意思によるものなので、喋らない人は喋らない人で、授業が進んで行ってしまうからです。そのような性格の方には、マンツーマンタイプがおすすめでしょう。自分で講師を独占することができますし、何か質問があってもすぐ対応できます。このマンツーマンタイプはここ最近では、非常にニーズがあり、学校によっては、マンツーマンタイプと、授業型を選べたり、講師の指名ができるようになっていて、より受講者にとってはいい流れと言えます。

しかし、マンツーマンタイプは一人の講師を一人で相手するため、お金も当然高くなりますので、それぞれの性格、目的に合わせて決めると良いでしょう。だいたいの英会話スクールには、体験レッスンがありますから、失敗しないためにも受けてみて雰囲気を確かめるのもよいでしょう。